クロス取引制度はいつまで続くのか

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Sponsered Link

「クロス取引制度」はいつまで続くのか

「株主優待クロス取引」とは

クロス取引の方法については上記リンクに記事をまとめています。

今日記事にしたいと考えている内容は「クロス取引制度」はいつまで続くのか、という内容・・・というか普段感じている疑問を記事にしていきたいと考えています。

むしろ私は勉強不足でわかっていないのでもっと詳しい方がいらっしゃればぜひぜひ教えて頂きたいです<(_ _)>

先に言っておきますが、今回の記事には正解的なオチはないです! 😆 笑

昨今、新たに株主優待を新設する企業や内容拡充する企業(最近ではすかいらーくもそうです) :lol:もいれば、はたまた、優待廃止(アコーディアゴルフ←上場廃止になりましたが、稼ぎ頭だっただけにつらい! 😥 )や優待改悪する企業もあります 😥

「株主優待」という制度は日本独自の制度であり、その恩恵は非常に魅力的で、株主としても優待を受けるというメリットがあること、並びに企業もその制度を用いることでより知名度を得ることができ、それに伴う知名度を獲得することができるWinWinな制度だと思います 😛

そして、「株主優待クロス取引」という方法は株主優待券を手数料のみで取得(俗に言うタダ取りですね)するもので、証券会社は手数料が稼げるため、各社のHPには堂々と「賢く株主優待をとる方法! 😛 」などと載せています 🙄

私もこの「株式制度のゆがみ(この前、コメント頂いたクロスパールさんがおっしゃってくれていました)」を利用し、優待をタダ取りしている者の一人ですがこのクロス取引という制度はいつ見直されてもおかしくない制度という風に捉えています(勝手に!笑)

*特に何か情報が入った、とかではありません。根拠なしです(笑)

いや、だって、証券会社は手数料が儲かるから良しとしていますが、企業的にはハイエナ的な人々(言い方汚くてごめんなさい!自分も含めてるからお許しください :mrgreen: )にタダ(手数料のみ)で優待を上げなければならない・・・しかも、もうすでに大勢がやっていて、なおかつ転売までしている(私ですね〜 😕 )

企業側からすれば純粋な株主様のために用意した優待なのに、こんなことってあり? 👿 ってなるかと思います。

また、優待制度を取り入れている企業も「長期保有株主優遇制度」を設ける企業も増えてきましたよね!

こんな感じでそのうち多くの企業が「長期保有:1年以上・・・2年以上保有の者のみ・・・」なんて優待獲得に条件がついてしまうと現在、クロス取引を中心に活動している私としては主軸が無くなってこの世界で生き延びるのがなかなか難しいですね! 😥

・・・色々な不安は尽きないですね~ 😯

ただ、単純な私は上記のようなことを考えて、日々せっせせっせとクロス取引していますが、もっと株式制度に詳しい方、優待制度に知識がある方の観点からみると「ただ単純にクロス取引制度が見直されることはなく、企業的には少しはメリットも存在するのだよ!」という見方もあるのかもしれませんが・・・ 🙄

現にクロス取引自体には規制がかかっていないのも事実ですしね 😉

もしご意見あればお待ちしておりますm(__)m

私自身の意識の変化

~脱 クロス取引を中心とする資産運用~

私は株式投資で1度ミスってますから「もう投資はしない!」と心に深く誓っていました。

でも、私が行ったのは「投資」ではなく「投機」だったんですよね~ 😕

それに、魅力的なbloggerさん達のホームページで勉強させてもらって自分に合った投資方法を模索し、もう1度、今度は「投資」に再チャレンジしたいなぁと思い始めています。

「もう投機はしない!」に変更です 😛

今度はミスりませんよ! :mrgreen:

今はその準備期間ですね!しっかり種銭作りをクロス取引で準備したいと思います! 😀

その方法は以前、記事にしています :-Pもしよければ見てください!

ほぼノーリスクで資産運用することは可能なのか

ご観覧ありがとうございました!<(_ _)>

Sponsered Link

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links

コメント

  1. 私も同じような懸念はあります。おそらく企業の対策の一歩は連続株主名簿記載(1年保有条件)だと思うのですがこれって現状同じ企業の優待をクロスしていけばクリアできてしまいます。また最悪クロスで取れずに連続保有が途切れそうな場合は1単元でも株主になるので対応可能だと思います。

    根拠はないけど1年以上保有などの条件が増えてくるけど優待クロスはずっとできるんじゃないかと感じています。ただ優待クロスのみに偏っているとできなくなったときに困るので収益の柱はいくつかあった方がいいですよね。

    • ikuragunkan より:

      クロスパールさん、貴重なコメントをありがとうございます。
      そうですね!「1年保有」という条件であれば、現状と同じ優待をクロスで条件は整っていますね!
      しかし、それは半年に1回の優待を実施している銘柄に言えることで年1回しか優待制度がない銘柄(企業)に関してはその企業が定める権利確定日の半年前にも株主名簿に同一番号で記載されておく必要がありますね。
      例えば、「ニトリHD」であれば1年を通じて2月20日のみが権利確定日なのですが、1年以上の株主になるためには毎年2月20日、8月20日の株主優待名簿に同一番号で連続3回以上記載されること、とあります。

      あと、1株単元株主も有効な手段ですね。マネックス証券にて1株を買っています(笑)

      クロスパールさん、貴重なコメントありがとうございました!またおしえてください! 
      そして、株主名簿記載に