いくら軍艦の生涯収入を妻が算出!~人生プランを考える~

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Sponsered Link

サラリーマンというのは自営業の方と違い、生涯収入が出しやすいと思われます。

ざっと計算ですが、自分の生涯収入でどの程度の人生設計が可能か、気になるところでありましたが、妻が出してくれていました(笑)

サラリーマンの生涯収入

まずはサラリーマンの年代別平均年収を見たいと思います。

20代前半:265万円

20代後半:378万円

30代前半:446万円

30代後半:502万円

40代前半:564万円

40代後半:629万円

50代前半:656万円

50代後半:632万円

となっているようです。

次に生涯収入平均です。

中学卒:2億1980万円

高校卒:2億4670万円

大学・大学院卒:3億3340万円

このデータは過去のもののため、現在、そしてこれからは更にカットされることも予測しておく必要がありますね。せちがらい世の中ですね(=_=)

いくら軍艦の属性

私自身は30代前半のため平均年収は446万円の部分に属します。

私自身、勤め先からはちょいプラスの年収を頂いている程度で平均値には当てはまります。

ただ、30代後半になった場合、502万円になっているか微妙なこと、40代前半の564万円は今のビジョンでは難しいことが不安点ですね。

私自身、高卒→専門学校卒の身ですので最終学歴は高卒です。低スペックです(^_^;)

恐らく、共感してくれる方も多いのではないかと勝手ながらに思っています。共にがんばって行きましょう!(汗笑)

妻からの話

ある日の夜にくつろいでいると妻から「話があるんだけど・・・」と改まった様子で言われました。一瞬、「ばれた!?でも、何?」とも思いましたが、話は生涯収入を計算した上での住宅についての件でした。

最近は現在の賃貸から将来的に住宅を「新築購入するか」、「所有物件をリフォームするか」を検討し始めていたため、生涯の資金繰りも含めて算出したそうです。

やるな、嫁よ・・・。

結果は「2500万円前後の住宅代に当てれる」との結論でした。

上記で記した「サラリーマンの生涯収入」とは違い、私の勤め先で今後の給与所得(昇給は過去の実績より期待値で上乗せ)、退職金(算出方法確認済)で計算されていました。

生涯収入から今後の人生イベントの資金を除した後の住宅費用のようです。

Sponsered Link

今後の人生イベント

先ほど述べたように私はまだ30代前半です。

子供も小さく、今後の人生イベントはハッピーなことも多いと思われます。

そして、同時に出費がかさみますね・・・(^_^;)

今後の人生イベント出費で生涯収入から除すべきイベントを羅列しました。

  • 子供の大学までの進学費用
  • 車の購入代
  • 住宅の維持費(税金や補修)
  • 普段・老後の貯蓄

ぐらいですかね。

ここで嫁に惚れなおした点は老後の貯蓄に3000万円を考えた、ということです。

確かに、聞いたことがありますよ!普通にゆとりある老後には3000万円が必要、ということは・・・。

「え、3000万円貯めてなお、家も買えるの?」って感じですよね(^_^;)

すると、やはり妻もパートで働いてくれることが計算に含まれていました。

いやはや、苦労かけますな~!

ちょっと見えてきた?

今回の妻からの計画を聞いて少し希望が見えてきました。

・・・と言っても希望が無かったわけではないんです。ただ、将来資金にイメージがつかず、不安な面があったことは確かです。

所有物件のリフォームは上手くいかないことが濃厚のため、新築を購入する案が濃厚です。しかし、2500万円が許されるのであれば建つことができます。

なんだかんだ、家はプライスレスな要素をいっぱい含みますからね!気持ちが安心しましたね。

妻の人生プランには「投資運用」が含まれていない

私は今行っている資産運用は車の購入資金という目的から始めたものでした。

しかし、勉強を重ね、有能な先人の方々のブログなどを拝見していくうちに目先の目的ではなく、長期的な目標も立てる必要があると感じていました。

「若さ」というのは言いかえれば「時間的余裕がある」ということ。

30代前半と言うのは投資を始めるにはまだ若さがある、と感じています。

例えば、年利2%(税引き後)の金融商品を10万円分買ったと仮定した際、元金分の配当を得るに要する期間は50年。それで金融消費を売却すれば益を得られます。

今では80代前半での生存は珍しくないですからね。老後の足しにできるかもです。

まぁ、この計算は極端な例です(笑)

しかし、この「時間的余裕」を上手く使い、自分たちの人生設計を上手く、組み立てていきたいですね!

いくら軍艦の収入についての詳細に触れています↓

MAXに頑張れば年収は平均を上回ります・・・しかし、身体がしんどい!

いくら軍艦の収入源

最近はクロスで得た利益を海外ETF購入資金に充てています↓

注目の海外ETFと米国個別銘柄

ドル転、そしてVYM初購入。

株主優待クロスを中心に運用している私です↓

株主優待クロス取引をやってて思ったこと。

ご観覧ありがとうございました<(_ _)>

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links