2017年度 いくら軍艦の資産運用方針

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Sponsered Link

以前より課題にしている「資産運用方針」を考えてみました。

過去記事↓

まっだまだ資産運用についての知識が足りないのです(--〆)

給料以外に月イクラ欲しい?

資産運用計画に大切なもの

  1. 運用方針
  2. 運用方法
  3. 短期目標(5年スパン)
  4. 長期目標(10年スパン)

このような構成で2017年(もう年明けから半年経ったけど・・・笑)の資産運用計画を立てます。

まず、今までクロス取引メインで実行してきた私が再び株式投資に出発する経緯に至ったのは妻からの家計の一部からの投資資金を調達できるようになったことが大きいです。

妻の口からとんでもない言葉が・・・!好機到来???

今までは憧れと人真似でなんとなーくやってみたドル転・海外ETFの購入でしたが、限られた資金を最大限に運用するためにはどのようにしたらよいのか。私のような弱小がこの方針での運用が適しているか。

いくら軍艦に見合った運用方針の決定が必要になったからです。

そして、大きな弱点を認めることにしました・・・

「クロス取引以外に回すおカネがあまりない」ということ!!!

資金内訳説明

  1. 家計から年間20万円
  2. クロス取引から年間20万円
  3. 自分へそくり(株式利益やブログ収入、臨時収入、節約)から年間約10万円

これら3つの出所から資金を捻出し、方針に沿った運用を考えていきます。

1・2.運用方針と運用方法

まずは運用方針です。

資金繰りを年間50万円に定めました。今までは主に2の資金を使い、海外ETF(PFFとVYM)を購入しましたが、これらをメインに積極的に買うことはしません。

先程から口酸っぱく言っていますが「年間50万円」というのは運用資金としてやや少ないと思います。なぜなら定期的に種類あるETFを分散しながら買い進めることが難しく、暴落時には追加投資ができる金額ではありません。

今回、運用方法をを決めるに当たり、以前より目を付けていた「SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン」を使おうかとも考えました。

しかし、自分でも調べた結果、「SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン」の運用成績で疑心暗鬼となりました。

S&P500配当貴族指数(配当込み)をベンチマークとする米国大型株式インデックスファンドです。SMTインデックスシリーズに、2016年8月30日より追加され、運用が始まりました。

業種別構成比率は以下の通りです。

SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン 業種別構成比率

組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。ベンチマークであるS&P500配当貴族指数(配当込み)は、3ヵ月毎に均等比率となるようリバランスされるため、1銘柄の構成比率はどれも約2%前後です。

SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン 組入上位10銘柄の構成比率

ファンド全体の配当利回りは年2.53%です。

配当は再投資されます。

元々、複利運用を目指しているため、勝手に再投資されることは好都合ですね!

信託報酬は0.55%と低コストなことも非常に嬉しいですね!

ただし運用開始後、SMT 米国株配当貴族インデックス・オープンのリターンは、S&P500指数(配当込み)に比べると、リターンが劣る状況になっています、とのこと。

実際の指数はS&P500よりも配当貴族の方が勝っています。

やはり、思うように運用できていないのか、検討時期が早いのか・・・。

今後どの程度修正できるかが乞うご期待といったところですが、イマイチな印象です。

素人は黙ってウェルスナビ!!!

そこで、ウェルスナビです。

ここはVTIをはじめとする海外ETFをAIが自動的に売買してくれ、分配金再投資や税制度などの運用を自動でしてくれます。

なおかつ、利益確定時は円で決済できることも非常に魅力かと思います。

ここに運用方法を決めたのは「知識がないから・・・」と言ってしまえばそれまでですが、それもここに投資を決心させられた認めざる得ない要因です。

リスクは5段階中5に設定しています。

資金は最近月1万円だった積立を月3万円に変更しました。

これで年間36万円の投資になります。

残り14万円ですが、こちらは10万円はドル転したいと考えています。

「為替を意識する」という自分自身の課題と「日本円を多く持つリスク」ということを考えた結果です。

これで配当重視のPFF・VYMの買い増ししていきます。

3.短期目標(5年スパン)

短期目標は今後5年間、「上記方針を実施する」ということになります。

ぶれずに継続できるかがカギとなり、長期目標はその後に立てたいと思います。

本当はロボアドに50万円丸丸任せても・・・と思ったのですがそれはそれで面白味が欠けるというか分散になっていないと思い、少し余裕のある積立設定にしました。

その中でも株主優待クロス取引のために400万円強は残しておきます。

やってみたいと思います!

ご観覧ありがとうございました<(_ _)>

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links