株主優待クロス取引への想い

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Sponsered Link

株主優待クロス取引メインは極少数派

日本証券業協会が平成27年11月に公表した「証券投資に関する全国調査」では、7000人の調査対象のうち約18%が有価証券を保有していると回答しています。 乱暴な計算ですが、日本人口を1億2000万人、証券投資に制限のつく20歳未満の人口を2000万人と仮定すると、約1億人の18%、1800万人が個人投資家と推定できるようです。

まぁ、有価証券ですので株式投資をしている人、という縛りなので他の方法で運用している人はもう少しいると思います。

また、「資産運用 種類」というキーワードで検索した結果、以下の図を発見しましたのでお借りいたしました<(_ _)>

マトリックス図

恐らく、運用方法の種類を挙げるとものすごいコアな運用もあるため、大量の数になると思います。上記の図は主な運用方法をリスク・リターンのどこに位置するかを表したものです。

!!!

見てください!

「株主優待クロス取引」がない!!!

ってそりゃそーか!(笑)

この図で表すとすれば個人的にですが「ローリスク・ローリターン」の部分に属すると思います。

まぁ、国債の上方、青枠をはみ出る部分あたりに来るのかなぁ|д゚)

株式運用を試し、損を被った私としては現在まで大きなミスなく続けてこれているクロス取引に対してはこだわっている気持ちがあります。

「私のように小心者がクロス取引をして運用に対し、興味を持ってほしい」ということです。別に証券会社の回し者ではないので興味がなければいいんです(笑)

でも私は「運用したいが知識がない、損をしたらどうしよう。」という気持ちがずっとあったので同じような小心者にこの知識と方法を知って頂ければローリスクローリターンを共有できる、そんな気持ちでブログを更新しているわけです。

Sponsered Link

え?ライバルを増やすかも???

自分のやっていることは優待をタダ取りする知識をひけらかしていることなのでライバルが増えて自分の首を絞めているのでは?

と思うこともありました。

現に3年前と比べると主観ですが、優待がなくなることが早かったり、ひしひしとライバルが増えているのを実感しています。

しかし、クロス取引のブログは数々ありますが、株を普通に売買するよりも理解に勉強が必要です。

そして、稼ぎもほかのアクティブ運用に比べれば月とスッポンです。なんせローリスクローリターンですから!(苦笑)

実践できる人は限られますよね(=_=)

「株主優待クロス取引」に向いている人の特徴

  1. マメであること
  2. 求めるのはローリスクローリターンであること
  3. 小心者であること

こんな感じです。

こんな感じでクロス取引を始めようとする方々にゼロからでもわかるように方法や知識を記事にしてきましたが、記事が更新されるにつれ、過去の記事は埋もれていきます。

また、記事自体も断片的になりがちです。

そのため、最近「優待クロス取引と言う本」というメニューを作成しました。

なぜなら、株主優待の書籍はあれど株主優待クロス取引に関する書籍はないからです(=_=)

こちらには「もし」優待クロス取引という本があればどのような知識を載せる必要があるのか・・・実際に本を出版するようなつもりで記事を更新していければと思っています。

大したものではないですが・・・まぁ、乞うご期待、ということで<(_ _)>

株主優待クロス取引で得られたかけがえのないもの

それは優待以外の知識です。

クロス取引しかわからなかった私が知り合った方々のブログや証券会社のHPなどを見ながら他の運用方法も模索するようになりました。

基本的にはクロス取引で得た利益を回していますが、クロス取引同様「ローリスクローリターン」で運用しています。

何も知らなかった私の大発見

  • 複利の力はすんごい
  • 俺はまだ若い!
  • 円で持つリスク
  • 家を持つことは不動産投資になる
  • 俺は意外にカネがない(苦笑)
  • 結構仲間がいる!

こんな感じです。

初めは新車購入に役立てるために始めた運用でしたが、ここまで学べ、運用に対しての目標に変化を認め、今では個人投資家1年生だと思っています(笑)

でも、結構仲間がいる、というのは非常にありがたいですね。今までこのブログやSNSで批判的な意見もないし、建設的な意見やご教授頂いたりと非常に嬉しいです。いや、マンモスうれピーです!((^_^;))

まぁまた、修正修正の運用になるかもしれませんが、決めた目標にむけて自分なりの運用スタイルを構築していきます。

2017年度 いくら軍艦の資産運用方針

それではまた!ご観覧ありがとうございました<(_ _)>

Sponsered Link

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links

コメント

  1. 優待クロスはある程度資金がいるのでそのあたりもネックになると思われます。
    ところで朝カブコムの長期信用残とかチェックしてますか?
    本日8:00頃、コロワイドが79000株残っていたので速攻クロスしました^^

    こういう情報って自分で一個ずつ調べるしかないんですかね? なんか自動でダウンロードとかできると楽だと思ったもんで。

    • ikuragunkan より:

      朝の確認はたま~にです。今日はしていません(=_=)よって取りこぼしました~(T_T)/~~~
      以前はたまたまコシダカHDをチェックしてたら余ってたってことはありましたね~!

      自分でマメに調べるからチャンスがある、それも素敵ですよね!笑
      自動通知があれば取れる自信がないですね!笑