SBI証券で米国株・海外ETFを20万円買い付けるシュミレーション

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

先日、株主優待クロス取引にて出た利益で米国株か海外ETFに挑戦したい、という記事を書きました 😛

米国株のお勉強を始めます宣言!

20万円で米国株・海外ETFを買うことが手数料負けしてしまわないか、現実的な投資方法なのかを調べてみた。

そして、やり手bloggerたぱぞうさんに聞いてみた!

たぱぞうの米国株投資

Sponsered Link

本当は米国株にしろ海外ETFにしろ100万円単位(金額が多ければ多いほど良い)での買い付けがコスト的には良いというのは知っています。ただ、20万円というのは私にとって用意しやすい金額だったんですよね!

100万円単位のお金を貯めるのはクロス取引では私は4年ぐらいかかります 😕 たぶん 🙄

なので、20万円での米国株、海外ETFへの投資は手数料負けしない、ある程度のリターンを望める現実的な買い付け額なのか、と気になったワケですね! 😎

たぱぞうさん、ご丁寧な返信ありがとうございます<(_ _)>

以下、たぱぞうさんのブログ記事より転用<(_ _)>

私は買付手数料は買付金額の1%以内に抑えたいと思っています。1年間で1%というのは、ギリギリの許容範囲です。

ネット証券による米国株手数料最大である20ドルが1%になる金額は2000ドルです。こう考えると、いくら軍艦さんが考える20万円程度で1回の買付というのは私の許容レベルと同じです。

というお返事を頂きました 😛

つまり、SBI証券で買うことを想定し、ざっと計算しましたがもし、20万円で購入したとすると約1000円程度の手数料となったため、20万円で購入する場合は最大手数料には至らない、ということなります 🙂 また、「1%以内に抑えたい」というご意見は後出しじゃんけんのようですが私もそう考えていました!

え・・・?ホンマですよ?(笑)

だって1%超えたらロボアドの方がお得ですやん! :mrgreen:

いずれにせよ、今は焦って飛び乗る相場ではないですから、手数料率は1%以内という目安を決めて、ゆったり相場を眺めている、そういう状況です。だから買付単位も大きくなりがちだということです。ただ、手数料率は買付金額が大きくなるほど小さくなるというのも事実です。

このアドバイスもわかりやすい!肝に銘じておきます 😯

おっしゃる通り、買い付け額は20万円以上であればあるほど良いですよね!

結論

  • 買い付け手数料の許容範囲はギリギリ1%。購入手数料は最大20ドル(税込21.6ドル)。つまり、1回20万円以上の買い付けでは1%を上回ることはない。
  • 海外ETFなら買い付け手数料無料のNISA口座も活用したいよね!
  • 現在の相場で買い付けるには様子見の上昇相場であること。
  • 次の買い場までキャッシュを貯めるておくこと

たぱそうざん、改めてありがとうございました<(_ _)>

そして、みなさま、ご観覧ありがとうございました<(_ _)>

Sponsered Link

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links