親友がガッツリ米国株投資の道に

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Sponsered Link

今回は私の親友Tの話を記事にします。

Tとは前の職場で出会い、社会人となって独身時代の多くともに過ごしてきました。

TにはFXを教わり、あぶく銭ですが最終的に10万円程度儲けさせて貰った恩がありました。

私は数万円、損をした後にFXをやめました。

Tは30万円ほど溶かしてやめていました(笑)

私が職場をやめて田舎に帰り、数年したころ、私の住居の近くまで来るときにTと会いました。

すると、なんとTもクロス取引をしていたのです(笑)

私の方が知識があったため、わかることは全部教えました。

朝5時まで教えました(笑)

そんなTが最近、「マイクロソフトを100万円分買ったでぇ!」と言ってきました(汗)

環境がそうさせる。

良くも悪くも「環境」とは大切です。

私は親友Kの影響でクロス取引をやりやすい環境で資産運用を考えるようになりました。

教えてくれる師匠がいるということは非常に心強いもので独学よりもはるかに知識を蓄え、成長することができると思います。

そして、Tもまた師匠ができたようです。

同じ職場に米国株を本気でやっている人がいる、とのこと。

この相場でその人は順調に財を成しているようです。

そして、その人に習って米国株式関係の本を読み、勉強しているようでした。

そんな彼が6月末日権利日の「すかいらーく」のクロス取引をしようとする際、その人から

「今、優待券を取りに行ったらお前は優待の世界から抜けだすのに相当な時間をロスするぞ」

と言われたそうです。

んー・・・中々、的を得ているかも・・・(^_^;)

実際に私がそうですからね!

私も初めは国内株から始めて損をし、クロス取引にどっぷり。

その後は株式はあまりしていない・・・のではなく、怖くてできていない、部分も大いにあるのでしょう。

Sponsered Link

Tはマイクロソフトを72ドルあたりで買ったようで現在、若干の含み損状態ですが、その人の助言のおかげで彼のメンタルは保たれているようです。

やはり、結果を出している人が近くにいることやすぐに聞ける、といった環境がすばらしいことには間違いないですね!

已む無く、損切りする結果になったとしても続けることでそれはTの知識となり、今後の糧にもなるのでしょう。

私もドル転し、少額の海外ETFを持っていますが、彼はどっぷりと米国株の道に歩みました。さびしいですが、うらやましくもあります。

まぁ、私は私のやり方でクロス取引の道で結果を残すのみですがね!!! 😈

環境って素敵やん!

って話でした!<(_ _)>

海外ETFをロボットが自動的に売買してくれるロボアドバイザーについての関連記事です↓

今流行りのロボットアドバイザー

Wealth Navi 採用ETFについて調べてみた

Wealth Navi(ウェルスナビ)の途中経過

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links