妻の口からとんでもない言葉が・・・!好機到来???

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Sponsered Link

海外ETFやロボアド参入後のいくらの不安

現在、順調に運用されているETF。ありがたいです。

Wealth Navi(ウェルスナビ)の途中経過

ドル転、そしてVYM初購入

しかし、それに伴う不安はやはり「暴落時」です。

本来であれば、定期的な買い進めができていれば、ドルコスト平均法にて長期的な投資は成功する可能性が高いと思われます。

しかし、私の場合は「クロス取引」を中心に運用しているため、定期的な買い進みはクロスの利益がまとまって貯まるまでが遅いこと、貯まっても少額で定期的に買えるタイミングは年1回~2回程度に留まってしまいます。

え?いいの?

最近、私の生涯収入を妻が算出し、そのことで私自身の将来への不安が幾分か和らぎました。

しかし、それは妻も同様だったのかもしれません。

心にゆとり、将来の見通しが立ったせいか「老後貯蓄の1~2割を投資に回しても良いかも」と言ってくれたのです。

具体的な金額は年に20万。

これはでかいです。現在の資金はクロスに回せる上に、クロスの利益と合わせると年40万円投資できることになりますからね。

Sponsered Link

40万円と仮定した投資先割合は?

以前より、妻には「円で持つリスク」も説明してきました。

そのため、海外ETF、つまり40万円はドル転するというふうに案を伝えました。

答えは以外にもイエスでした(驚)

しかし、責任がのしかかってきましたね!

割合は以下のように考えています。

  1. ロボアド(ウェルスナビ)に10万円
  2. VYMに10万円
  3. PFFに10万円
  4. BNG/AGGに10万円

というイメージです。

1のロボアドにはVTIやVEA、VWO、AGG、GLD、IYRが含まれています。

WealthNavi 採用ETFについて調べてみた

たぱぞうさんも若い方々の投資先にはVTIを勧めているため、1には10万円月の積み立てを2万円にします。ゆとりがあれば更に追加投入を考えています。

2のVYMは配当利回りを重視し、長期投資を視野に入れているためです。

3は毎月分配型のETFで現在は毎月4~5ドル程度ですが、配当があります。なかなかの高配当ですが、それに見合うリスクもある商品です。

4は1にも含まれる商品です。配当利回りはさほどですが、抜群の安定性を誇ります。なんせ、妻からの「責任」があるため、 第一には安定をとりたいためにここに重複投資をしようかなと考えました。

まとめ

妻の覚醒を感じます。。。

不安にならないよう、運用を始めれば透明化に努め、報告義務を怠らないようにします(--〆)

なんか、影響されやすい性格なのですっかり投資先は海外となりました。

まぁ、時代の流れに素直に乗れる、というのも自分の持ち味なのかもしれません。今後も勉強を怠らず、希望ある将来に向けてがんばります!

いくら軍艦の生涯収入を妻が算出!~人生プランを考える~

ご観覧ありがとうございました<(_ _)>

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links

コメント

  1. 奥様の賛同が得られるとは心強いですね!
    うちは賛同というかお金にほとんど興味がないみたいで、家計管理から投資までやっといてと言われています。いいのか悪いのか^^;

    • ikuragunkan より:

      クロスパールさんコメントありがとうございます!
      まぁ、家計は嫁に任せていますが典型的な貯蓄タイプです。現在の生活管理から将来の蓄えの備えまでしっかりはしていますが、それではお金は増えません。
      そこを理解してもらうのに3年かかったわけですね(^_^;)