「株主優待クロス取引」という本を書くとしたら・・・「はじめに」

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Sponsered Link

当初、このブログを立ち上げるきっかけとなったことは「投資初心者にも安心してほぼ確実に稼ぐ方法を伝えたい」ということでした。

そんな気持ちで記事を更新してきました。

そして、たまに考えるのがもし、私の投資(投資と呼べるものではないかもしれませんが、お許しください!)についての本を書くとすればどんな内容にしようかなぁ、と頭で勝手に出版することにしてみました。

その内容をシリーズにして記事にしたいと思います。

読んで頂けると幸いです<(_ _)>

いくら軍艦の株主優待クロス取引

「はじめに」

はじめまして。いくら軍艦と申します。

私はごく一般的なサラリーマンです。

自分の給料を上げたくても中々上がらないこのご時世、5年ほど前に「アベノミクス」という言葉に踊らされ、少ない資金から株式に手を出し、結果は30万円の損益を被りました。よくある話かもしれません(苦笑)

ちょうど同時期、友人も株をして惨敗。

二人で損をした話で盛り上がっていました。

突然、友人は私に言いました。

「実はちょっとずつではあるが損を取り戻す手立てがある。」

「株式の一般信用売りと現物買いを利用して手数料のみの負担で株主優待を貰う。それを現金化して儲けを得る。その利益で損を取り戻す!」

私は初めて聞く用語の数々に目を白黒させましたが、そこで初めて「株主優待クロス取引」という株式の歪みを利用した方法を知ったのでした。

そして、資金不足や知識不足、慣れるまでに時間を要しましたが友人とともに2年かけて損益分を取り戻しました。つまり、30万円の利益を上げたわけです。

はじめに言っておきますが、この本で紹介する「株主優待クロス取引」は決して大きな儲け(利益)は望めません。

しかし、やり方を覚えることで誰でも確実に利益、つまり、ローリスクローリターンであれば利益を得ることができます。

こう言ってしまうと怪しい商法のようにも聞こえますが、決してその手の類ではないことは明記しておきます。インターネットにて「株主優待クロス取引」などのキーワードで検索してみてください。

カブドットコム証券やSBI証券などの証券会社を中心にその方法を推していることがわかると思います。証券会社的にはこの方法で手数料を得れるため、商売として紹介しているわけです。

また、この方法はネット上では盛んに情報が公開されているにも関わらず、書籍での詳しい紹介が全くと言っていいほどありません。

考えられる理由としては・・・

  • ライバルが増えることを助長することに反感を買う
  • 利益はほぼ確実であるがギャンブル性が低く(ローリスク)、書籍としての面白味に欠ける

などがあると考えています。

思い返せば、株式に手を出した5年前、「年間で10~20万円の利益、月1~2万円の利益があればなぁ」と実に謙虚な目標を立てていたことを思い出します。

実際に大きな利益ではなく、「ちょっとでいいから損なく、確実に利益を得たい!」という考えを持つ方はサラリーマンや主婦の方は多いのではないでしょうか。

その望みは謙虚健全に見えてあつかましいものでもあります。

しかし、この「株主優待クロス取引」という方法は株式や優待に関しての勉強が必要ですが、慣れれば簡単に、手間も少なくほぼ確実に利益が出せる方法だと思っています。

小さなことからコツコツと。

地味な方法であることは間違いありませんが、ギャンブル性を極力抑え、ローリスクローリターンで確実な利益を望む私のような方々にこの本を通じてその方法をお伝えしたいと思います。

「はじめに」完

Sponsered Link

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links