株主優待クロス取引に関する知識整理①

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Sponsered Link

こんばんみー!今日もお疲れ様です!<(_ _)>

さて、本日は「株主優待クロス取引」について知っておきたい知識を紹介していきたいと思います。

・・・というのも「クロス取引を始めたい!」と思う方がいた時、読むべき記事・知っておかないといけない知識を集約した記事を作りたいなぁと思い、この記事を書きます。

株主優待クロス取引というのは証券会社のHPや他ブログを見ていると「株主優待を現物買いと信用売りを組み合わせることにより、手数料のみで優待を手に入れる方法」で割と初心者向けのような記載のされ方をしています。

株価による変動で損はしない、という「リスクが低い」という点は確かに投資経験のない初心者向きのように感じます。証券会社や株というものを始めるにはきっかけにもなりますしね。

しかし、「株式投資」とは全く別物でそれなりの知識を要します。そして、知識をもって挑む方が楽しいです!

今回の記事は「書く」、といっても主には過去の記事のリンクを貼り付けおり、結構な数になっていますが、過去に書いてきた記事を参考に、皆様の「株主優待クロス取引」についての知識を深めることに役立てれば嬉しいです!<(_ _)>

本記事は2記事に分けて投稿したいと考えています。

  1. これから「株主優待クロス取引」を始める方々へ
  2. 「株主優待クロス取引」の知識を深めたい方々へ

過去記事リンクですのでご覧いただいた記事も復習と捉えて頂ければ幸いです<(_ _)>

これから「株主優待クロス取引」を始める方々へ

●株主優待クロス取引の基本となる記事です。全くに素人の方にもヒントになるようにわかりやすく書いたつもりです。もし分からないことがあれば、コメント頂ければと思います。

「株主優待クロス取引」とは

●初心者であれば必ずこの二つの信用取引の違いに疑問を抱きます。この二つを使い分けることでクロス取引の幅は一気に広がります。

ただ、初心者の方は一般信用を用いたクロス取引から始めた方が賢明です!

信用取引「一般と制度の違い」

●私の資産運用に対する想いです。クロス取引を中心に資産形成を図っています。

ほぼノーリスクで資産運用をすることは可能なのか

●株主優待をクロスした際に生じる手数料の計算方法です。非常に使い勝手のいいサイトがありますが、手計算での方法を知ることでどのような手数料が発生しているか理解できると思います。

株主優待クロス取引で生じる手数料について

●クロス取引にて株主優待を取得し、オークションや自主買い取りを実施し、資産を増やします。年間利益を記事にしています。参考になれば・・・。

2016年度クロス取引決算

●私もあります!(苦笑)もし、クロス取引で失敗をした場合の対処法・気の持ちようを記事にしました。正解論ではありませんが・・・。

株主優待クロス取引での失敗から学ぶ

Sponsered Link

●カブドットコム証券はもはや「クロス取引=カブドットコム証券」のようなイメージです。クロス取引をするには真っ先に作るべき証券会社ですね!

カブドットコム証券で株主優待クロス取引を行うコツ

●SBI証券はカブドットコム証券と比べてももはや匹敵するほどの実力になってきていると思います。そんなSBI証券でクロス取引を実施する際のコツを記事にしています。

SBI証券でのクロス取引のコツ

●松井証券は10万円以下の株であれば手数料無料で取引が可能です。つまり、株主優待をタダでもらえる、ということになります。

松井証券でのクロス取引の特徴とコツ

以上になります。上記記事での疑問などあれば、お待ちしています。

答えきれるか・・・自信ないですけどねっ!(笑)

では、次回は

[「株主優待クロス取引」の知識を深めたい方々へ]でお会いしましょう~♪(*^^)v

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links