IPO当選への道~後期型紹介~

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Sponsered Link

前回記事のおさらいです!

IPOには「前期型」と「後期型」がある

IPOには「申し込み期間→抽選→当選結果」という流れがあります。

しかし、これは各証券会社、共通の時期には行わず、「前期型抽選」と「後期型抽選」に分かれています。

つまり、「前期型」ではずれても「後期型」に申し込むことで当選の確率を上げることができる、というわけですね!

前期型の証券会社とは「SBI証券」・「マネックス証券」・「SMBC日興証券」の3社。

前期型を紹介した前回の記事です↓

IPO当選への道~前期型紹介~

後期型の証券会社とは「カブドットコム証券」・「松井証券」・「楽天証券」の3社となります。

今回は後期型についての記事です!

*私の持っている証券会社に絞って記載しました。

カブドットコム証券はクロス取引のメイン証券!

どういうことかと言うと「資金が年間を通じて一定して入っている口座」ということです。

つまり、前期型のSBI証券でハズれたとしても大きな資金移動なく、カブドットコム証券にて後期型で抽選に参加することができます。

ただ単に、クロス資金を寝かせている場合も多いため、ついでにIPOにも参加できる手軽さがあります。

ただ、取り扱うIPOが少ないため、本当に「ついで」程度です。まぁ、そう考えると気軽に参加できる証券会社とした印象がありますね。

松井証券は特徴なし!(汗)

正直な印象です。それに現在は株高です。クロス取引において松井証券の最大の魅力は10万円以下の取引は手数料が無料であることです。

関連記事です↓

松井証券でのクロス取引の特徴とコツ

株高の今となってはその魅力を十分に発揮できないため、口座には資金がありません。なおかつ、それほどIPO銘柄の取り扱いがないため、カブドットコム証券のような「クロス兼IPO」という形がとれません。

んー。よっぽど魅力的なIPOが出た際には資金移動の労力を使い、チャレンジしたいと考えています。

楽天証券は穴場???

IPO取り扱いこそ少ない楽天証券ですが、実はあまり参加者がいないのではないか、という噂があり、そうなると当選確率が上がるとされています。

楽天証券の良いところは楽天バンクとの資金移動がスムーズで無料なことです。松井証券やカブドットコム証券の入出金は手数料がかかることもしばしば。楽天証券は楽天バンクさえあれば手数料はタダとなります。

個人的には楽天グループをよく利用するため、IPOにも参加し易い環境となっています!

楽天グループ関連記事です↓

楽天証券の特徴とコツ

楽天グループとのお付き合い

と以上、後期型の紹介とさせていただきます。

各証券会社とも様々な特徴があり、ぜひ当選に向けて生かしたいと思います。

しかし、IPO当選に一番大切なことは「口座数を多く持ち、抽選に参加し続ける」ことに尽きると思います。

それをわかった上で挑戦していきたいと思います!

IPOについての関連記事です↓

IPO当選への道

ほぼノーリスクで資産運用をすることは可能なのか

ご観覧ありがとうございました<(_ _)>

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links