積立て投資信託の運用結果

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ぼちぼちとローリスクで資産を増やそうとしています!

今回は積み立て投資信託のメリットを紹介させてください(^u^)

株式投資で失敗して以降、投資信託も買うことが怖かった私ですが積立投信をやり始めて7カ月になります。

・・・というのも株主優待のクロス取引で得た利益の再投資先としてはじめたことがきっかけです(^◇^)

クロス取引では年間20万円程度の利益を上げるようになりました。その中から月々1万円を投資信託に回しています。

少なっ!!!(笑)

今は相場に助けられて7%程度のプラスとなっていますが、やはりリスクを考えると大きくは張れないですね~(;一_一)

それにまだまだ試したい運用もあるかも、ですしね!

まぁ、それはまた今度にして今回は私の買っている商品の説明をさせてください!

1.「eMAXIS新興国債券」:信託報酬は0.65% 月々2000円購入

みなさまご存じのeMAXISシリーズで信託報酬が安いことで人気シリーズとなっています。新興国16カ国、1位ブラジル・2位マレーシア・3位ポーランドなどが占めています。

2.「たわら先進国株式」:信託報酬0.24% 月々3000円購入

日本を除く、先進国22カ国の株式を投資対象としています。1位アップル・2位マイクロソフト・3位エクソンモービルなどです。信託報酬も安く、世界の先進国を網しています。

3.「たわら先進国国債」:信託報酬0.22% 月々3000円購入

日本を除く、先進国22カ国の国債を投資対象としています。1位アメリカ・2位フランス・3位イタリアなどです。

4.「i-mizuho新興国株式」:信託報酬0.45% 月々2000円購入

新興国23カ国の株式等を投資対象としています。1位台湾の会社・2位サムスン(韓国)・3位中国の会社などです。

以上です。

私が日本を投資対象として含めていないのはもうすで株価が頭打ちになっていること、貯金があるので日本資産はすでにある、ということで投資対象から今回は外しています(^u^)

実を言うと「ひふみプラス」を買ってみたかったのですが信託報酬が1%以上と高いのでやめました!

・・・って迷っている間に順調に価格も伸びていますし、買えば良かった?(笑)

まぁ、細かいことは抜きにしてこの積立を最低でも5年~10年続けたいと思っています。

皆さんは「ドルコスト平均法」という言葉を聞いたことありますか?<(_ _)>私もこの言葉を聞いてから投資信託に対する価値観、というか怖さが変わりました。

基本的なことですが知らない方はぜひ、ググってみてください(^u^)

そして、何よりこの商品を教えてくれたのは「ものぐさ投資術 朝倉智也」という本です!

朝倉さんはあの有名なモーニングスター株式会社の社長さんです。シャッチョサーン!(笑)

上記の商品内容はこの本の抜粋ですが、実際、利益はでていますし、万が一、経済ショックがきて株価が暴落したとしても「ドルコスト平均法」があることで5年~10年で総合的にはプラスになる可能性が見込めるということです。

ものぐさ、というぐらいですから頻繁なリバランスは必要ないですし、不況時には積立金額を増やしたいなぁ、ぐらいにしか考えていません。まさにものぐさ!!

その他にも

1「どうして今、投資すべきなのか」

2もう悩み無用「ものぐさ投資」の考え方

3投資の誤解を解く

4ゼロからわかる「投資信託」の仕組みと選び方のポイント

5現役世代もリタイヤ世代もこれでOK!

6ものぐさ投資家が知っておくべき「続け方」「メンテナンス法」「売り方」

を教えてくれます。大変読みやすく、良い本でした。

もしよかったら読んでみてください!

ご観覧ありがとうございました<(_ _)>

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links