ロボットアドバイザー(WealthNavi)を選んだ理由②

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Sponsered Link

為替レート、ドル転のタイミングは難しい

投資をしている人は誰しも「なるべく安く買いたい」とか「なるべく高く売りたい」と考えたことはあると思う。また、これが海外投資となると「ドル転のタイミングはなるべく円高の時にしたい」などと考えると思う。

つまり、これらの願いを叶えることは不可能である(T_T)/~~~

「為替レートの先行きを言い当てるのはプロでも困難」

言い換えれば「最安値で買うこと、最高値で売ることはプロでも困難」ということになる。

ロボットアドバイザーWealthNaviは海外ETFを用いて「VTI 米国株」・「VEA 日欧株」・「VWO 新興国株」・「AGG 米国債券」・「GLD 金」・「IYR 不動産」・「現金」をポートフォリオとし、運用している。

つまり、海外ETFなので「為替」による損益が発生し、「いつドル転すべきか」ということも問題となる。

「為替レートの先行きを言い当てるのはプロでも困難」

*以下:ウェルスナビコラム参照

図表1:アメリカ大統領選前後(2016年11月)のドル円為替レートの推移

図表1
つまり、誰も予想がつかない動きをするのが株価であったり為替であったりするわけですね。プロでも困難なものを私のような素人が予想することは中々・・・(=_=)
何事もドルコスト平均法であること
「いつ買うか」・「いつ売るか」、「ドル転するタイミング」というのは全て平均して行う。しかも、長期間、機械的に売買、ドル転すれば「売買益」や「為替益」などの利益をとる確率が増してくる、といものである。また、損失も抑えることができるということである。
これらのことを踏まえて、いくら軍艦はとりあえず「何も考えず」にリスク分散できるウェルスナビに委ねた、というわけである。

Sponsered Link

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links