株主優待の選定方法

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Sponsered Link

みなさんGWはいかがお過ごしだったでしょうか。

私は2日間はお仕事でした。あとはお休みでしたが、子供たちに引きずり回されるため、いつも仕事の方が楽だなぁ、と思います(笑)でも、お天気もまぁまぁだったので良いGWでしたね!GW明けもがんばって行きましょうね!

さて、今回は優待取りをして間もない方などに向けて私の普段行っている株主優待を選ぶポイントをどうしているか、ということを記事にしたいと思います。参考にして頂ければ幸いです。

1.いくら軍艦の株主優待を選ぶポイントは?

「株主優待」と一言にいっても様々な内容のものがあります。

  • 自社商品
  • 産地商品
  • カタログギフト
  • 自社買い物券(割引券)やお食事券
  • クオカード
  • 図書カード
  • 全国共通商品券

ざっくり書くと上記が思い浮かびます。

私がこれらの中から候補としているのは「現金に近い金券(赤色)」、「現金化し易い買い物券など(ピンク色)」、「現金化し易い、もしくは家族が欲しがる自社商品(灰色)」です。

赤色で示した「クオカード」や「図書カード」、「全国共通商品券」はもはや鉄板優待と思います。取得に手数料はかかりますが、それ以上の価値の金券を頂けます。

金券ですので現金と同じように商品や本と交換できるため、利用価値が十分にあります。

また、金券のため、ネットオークションでの転売は禁止されており、現金化は不可ですが、自分で使うことによりネットオークションに出した際、発生する手数料はないため、取得した優待の価値をいかんなく発揮できる優待と思っています。

ピンク色で示した「自社買い物券(割引券)やお食事券」も非常に重宝します。

例えば、「すかいらーく」の優待のように全国展開のチェーン店であればどこに行っても使用する機会があります。また、もし使わなくともネットオークションで売る際は現金化し易いメリットがあります。また、発送作業も簡単に済ますことができます(ポストに入れるだけ♪)。

ただ、もちろんですが優待価値(例えば500円券が)=同額現金(500円になるわけではない)ではないため、注意が必要ですし、数ある優待券の中には優待価値と現金価値にかい離が大きいものもあります。せっかく売るために取っても売れないともったいないですからね!

灰色で示した「自社商品」ですが、これには売れる商品はあってもその労力(発送作業・送料など)に伴う価値があるかどうかが難しいところになってきます。そして、高値で売れる商品があまりない、と言うのも現状です。

私は「ミルボン」のように妻が欲しがる商品でかつ高値で売れる商品であれば取得しますが、自分や妻にあげるとなると手数料分がマイナスとなり、運用資金が目減りすることに注意が必要です。

そのため、本当に欲しい商品であればやる価値はあるでしょう!

*余談ですが、手数料そっちのけで子供のために「タカラトミー」を取得したことがあります(笑)喜んでくれて嬉しかったです!

2.優待の見つけ方

私が優待を見つけるまでに行っている作業を紹介します。

  1. 優待の発掘作業(その月にどんな優待があるかを見つける)
  2. 発掘優待の価値判定(優待内容は何か。現金化すればいくらか、など)
  3. 優待の再発掘

と大きく分けて上記3つになります。

1:「優待の発掘作業」ではその月に何の優待があるか全く分かっていない状態からスタートします。それには以前の記事でも紹介しましたが「96ut」さんです(いつもお世話になり、ありがとうございます<(_ _)>)。こちらを使わせてもらってまずはざっくりとその月の優待銘柄でめぼしい物を調べていきます。

2:「発掘優待の価値判定」では主に「ヤフーファイナンス」と「メルカリ」を利用しています。取得する株数によって優待内容や価値が変わりますのでそのチェックと取得した際、オークションで売れる価値を確認します。

ここで重要なのは「優待価値と手数料を見比べる作業」です。詳細は下記で説明します。

ここまでの作業で優待クロス取引を行う8割がたの銘柄を選出します。

3:「優待の再発掘」では2でもれた優待の発掘を行います。主に「SBI証券HP」で行います。

・・・というのも96utさんのブログは非常に優れたツールなのですが若干の優待が明記されていないこともあるからです(スミマセン<(_ _)>)。また、カブドットコム証券でも取り扱いのない銘柄をSBI証券が取り扱っていことも珍しくありません。

株主優待クロス取引にあたり、主に使っている証券会社はカブドットコム証券とSBI証券ですので必ず確認するようにしています。

優待の見つけ方については以上になります。

Sponsered Link

「優待価値と手数料を見比べる作業」

上記途中で触れた「優待価値と手数料を見比べる作業」についての説明です。

これも基本的な知識の説明になりますが、紹介させて頂きます。

例えば

「いくら軍艦株式会社」の優待がクオカード500円分だとします。

「いくら軍艦株式会社」の株のクロス手数料に600円かかったとします。

・・・

これを「手数料負け」と言いますが、もちろん優待欲しさに損をするわけにいかないので優待価値と手数料を見比べる作業が必要になってきます。

以前、手数料についてどう算出するか具体的に書いた記事です↓

参考にしていただければ幸いです↓

株主優待クロス取引で生じる手数料について

では、こんな例はどうでしょう。

「鮭株式会社」の優待がクオカード500円分

「鮭株式会社」の株のクロス手数料に400円かかる場合。

・・・手数料負けはしていませんが、利益100円て・・・。

では、どれだけ利益がある優待が魅力的な優待なのか、個人的な考えですがご紹介したいと思います。

株主優待オークション価値÷株価=1%以上は優良株主優待

じゃあ、2%以上は?超優良株主優待!(笑)

完全に個人的な感想です!ご了承ください<(_ _)>

ただ、資金にも限りがあります。

私は冒頭にも書いた通り、より効率的な現金化を求めるため、利回りのいい優待を多く取りたいと考えています。

上記のような計算をして、1%前後になるような優待を対象とすることで3月や9月といった優待が盛んな月(優待祭りと勝手に呼んでいます♪)にはある程度、自分がどの優待を取得すべきかを絞ることができると考えています。

このブログでも優待祭りの時に紹介している優待のほとんどは1%前後のものです。たぶん(笑)

あーーーー。ここまで書いてきましたが、文字数が多くなってきました(笑)

ちょっと休憩してきます!(笑)

一応、上記で今回テーマとしてきた「株主優待の選定方法」については書くことができたかなぁ、と思っています。

続編も書く予定にしていますのでまた見て頂けることを願って本日はこの辺で!<(_ _)>

以前書いた記事です。優待価値を上げるためには手数料を考えることに尽きると思います↓

クロス取引 株主優待の価値を上げるコツ 手数料について

記事中に出てきた銘柄記事です↓

「4919 ミルボン」

すかいらーく(3197)の株主優待内容が拡充

5月中の優待クロス取引についての関連記事です↓

まとめ記事は「5月優待クロススケジュール~地味に忙しいかも~」を見て頂ければ良いかと思われます♪

5月末日権利日のカブドットコム優待クロス取引銘柄について

5月末日権利日の優待クロス銘柄の追加

5月優待クロススケジュール~地味に忙しいかも~

5月20日権利確定日「3549 クスリのアオキHD」

6月末日権利日の優待についても記事を書いています↓

6月末の優待紹介とは気が早い?

5月15日権利確定日の優待クロス取引は6月末「すかいらーく」に影響を及ぼすか?

ご観覧ありがとうございました<(_ _)>

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links

コメント

  1. >株主優待オークション価値÷株価=1%以上は優良株主優待
    これいい考え方ですね! エクセル管理している優待クロス表に「優待金額÷株価」で入れてみたのですがいい感じでした。
    私も来年からは選別していこうと考えているので一つの目安が出来て助かりました。