クロス取引について

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Sponsered Link

こんばんわ!

寒い日が続きますね(*_*)

明日、積ってたら・・・仕事どうしよう(;一_一)

行く気になる自信がない!笑

ま、いいか!

さて、今回は「クロス取引」いわゆる「つなぎ売り」について紹介したいと思います。

恐らく、この方法はみなさんも知っていることと思いますし、みなさんの方が詳しいと思いますが、もし、何も知らない!という私のようなド素人の方のために書いておきます(^u^)

クロス取引は株を「買う(現物買い)」ことと「売る(一般もしくは制度信用)」ことを同時に行うことで株価の変動リスクをなくし、株主優待だけを所得する方法です。

・・・どやろか。ご理解いただけるんやろうか・・・(=_=)

もちろん、株を「買う」時、「売る(一般もしくは制度信用)」時には各々手数料が発生します。手数料は株価に応じて各証券会社で違いますが、その手数料よりも価値が高い株主優待を所得することで「得」をする、ということです!

何を隠そう、私もこの方法をメインに1年目に株式投資で出した損益マイナス30万円を取り戻しました(^◇^)

まぁ、この「クロス取引」ははっきり言ってものすごく地味です・・・(=_=)株で勝てる方から言わせると「地味すぎてやってられん!わはは!」と言われます(言われますかね?笑)。だって株で当たれば利幅はでかいですものね!

だって私は株の才能ないですねん・・・(T_T)/~~~

私は「クロス取引」するにあたり、カブドットコム証券を利用しています。

カブドットコム証券は何と言っても「一般信用売り」銘柄数が最も多いことが最大の特徴ですね!

もちろん「制度信用売り」を用いて株主優待を所得することも多々ありますが、「制度信用売り」には「逆日歩」というペナルティが課せられます。このペナルティにかかる費用が株主優待を大きく上回ることがあるんですね!(汗)

ですので「一般信用売り」ができる銘柄が各証券会社の中で最も多い、カブドットコム証券を最も使っている、という次第であります!(●^o^●)

もちろん他の証券会社、SBI証券、松井証券にも特徴があり、よく使わせてもらってます。どういった時に使い分けているかなどはまた改めて記事を書きたいと思います(^u^)

カブドットコム証券 つなぎ売り

この記事よりもわかりやすく「つなぎ売り」「逆日歩」「現渡」について書かれています。上記リンクから飛ぶことができますのでよろしければ見てみてくだせぇ<(_ _)>

ご観覧ありがとうございました!

Sponsered Link

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links