クロス取引 株主優待の価値を上げるコツ 手数料について

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今日のふたご座の星座は再開でしたが以外と良い一日でした!

あっ!私、ふたご座です(*^^)v

さて、株主優待を手数料のみで所得する方法「クロス取引について」は以前の記事で紹介させてもらいました<(_ _)>

本日はクロスを仕込む証券会社の手数料の違いについてです。

「手数料とか気にしないし~~~~!」なんて侮ることなかれっ!

各証券会社ともに差は数百円ですが積もり積もればモリモリですよ!(--〆)

ではまずはカブドットコムの手数料を見てみましょう。

現物手数料

信用取引手数料

特徴は1回あたりの約定(注文株の合計金額)で50万円までの手数料が割安で50万円以上の手数料が高いということです<(_ _)>

次に私も多用するSBIの手数料を見てみましょう。

現物・信用取引手数料

特徴は現物50万円以上の手数料が割安、信用取引は値段ごとに差はありますが割安、50万円以上でも定額となっています<(_ _)>

ではここで初めてご紹介する松井証券の手数料をご紹介します。

現物手数料

信用取引手数料

松井証券の魅力は何と言っても「10万円以内の株は手数料無料」ということです!

これはね、結構すごいことですよ!

だって例えばカブドットコムと松井を比べるために10万円以内の銘柄でクオカード1000円分を頂ける銘柄をクロスしたとします。

カブドットコムでは手数料

現物:90円 一般信用売り:99円で合計189円

1000円分クオ-189円で811円の利益に対し・・・

松井での手数料

現物:0円 一般信用売り:0円で合計0円

純利益は1000円となります。

*貸株料などは未計算

つまり、使い方によっては松井証券はものすごく魅力的な証券会社になるでしょう!

それに案外手数料って高いんですよね!(--〆)

優待は自分で使うと一番お得です。

しかし、必要のない優待券でも世間さまが欲しいというものであれば所得にかかります!(^u^)

・・・となれば取った優待はメルカリで出品・・・となれば手数料ですよ!(;一_一)

ちなみにメルカリ手数料は売れたものに対して1割です。

ラクマは今のところ手数料は無料です。

そしてそして、送料もかかります・・・(;一_一)

中々の手数料になってくると思いませんか?

お気づきと思いますがノーリスクのクロス取引は本当に地味な作業です。

でもノーリスク!これが大事!

ちなみに私は株価と優待価値(メルカリなどでの価格)で利回り1%であれば良い優待であると判断します。特にめぼしい優待がない月は0,5%でも取りに行きますが・・・。

まぁ中には5%以上の優待もありますよ!(^u^)

最近では楽天証券も一般信用を始めたのでまた詳しく調べてみたいですね!

以上、手数料はばかにならないよ!というお話でしたー!

ご観覧ありがとうございました<(_ _)>

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク
Sponserd Links
Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponserd Links